So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

神尾記念病院  [Other]

昔、神尾記念病院に行った時の記憶です。この下書きの日時からして2014年頃。私には合わない先生でした( ^ω^)・・・。


以前も記事にしましたが、慢性の鼻づまりに悩んでおります。
副鼻腔炎については2、3年ほど前に耳鼻科で出してもらった薬の服用で治ったのですが、その後も鼻づまりが続いています。

鼻洗浄をしたり体が温まったりした時は一時的に通るのですが、時間の経過と共に徐々に鼻づまりが発生します。また、朝起きたときも詰まっており、その影響? か不明ですが口呼吸で喉や口の中がカラカラになります。
2013年には「鼻のクリニック東京」に行きましたが、鼻中隔湾曲症の手術も必要との診断結果だった為、その時は治療を断念しております。

鼻のクリニック東京 治療その1    治療その2   最終話



さて、「鼻のクリニック東京」には行かなくなりましたが、当然鼻づまりは解消しません。
そこで次に白羽の矢を立てたといいますかセカンドオピニオンという分けでは無いのですが、継続して病院をいろいろ探しておりました。そんな中でも耳鼻咽喉科の高度専門病院と評価の高い「神尾記念病院」に行ってみることにしました。

【医療法人財団 神尾記念病院】
http://www.kamio.org/


この病院は完全予約制ではなく予約無しでも受け付けているようですが、まずはネットで予約します。
「一週間後くらいにしようかなぁ~」などと考えて予約画面に進むと、その時は1月後半だったのですが1月の予約は空いておりませんでした。「しょうがないなぁ」と思いながら翌月予約画面に進むと、なんと全て予約は埋まっておりました・・・・・。結局3月に予約を取りました。悩んでいる方は早めに予約したほうがよいかと思います。


そして日時は過ぎ去りあっという間に3月、神尾記念病院へ向います。

入口に向うと、パッと見てどこが受付なのか分かりません。
入口に居た守衛? さんというか案内係りの人がすぐに来てくれ、「受付はそこの階段を昇った2階です」と教えてくれました。

そして2階に着くと平日の朝10時にもかかわらず多くの人が待合室にいます。30人以上は居たと思います。
次は受付の何処にいけばいいのかな? と思い考えていると、そういったうろうろしている受付難民を救済する専門の人がすかさず声をかけてきました。
初診 & 予約している事を伝えると、ネットでの予約番号とその時の事前アンケートを持ってきたかを聞かれます。何も持ってきていませんでしだが、ネット予約時の病院返信メールがスマートフォンに残っていたので助かりました。ここに行く方は、予約番号だけは忘れずに持ってきたほうがよいと思います。もちろん保険証もネ。

尚、予約は初診のみとなり、再診時はこの2階にある受付機にて時間などを決めるようです。



しばらく待つと診察室に呼ばれます。
そこで先生と対面して、現在の状況説明 & 確認が始まります。
 ・鼻づまりの年月、現在の状況
 ・他病院での副鼻腔炎の治療状況 → 治療後も鼻づまりが続くことに関してそこはどう言っていたのか
 ・後鼻漏の有無
 ・花粉症の有無

この先生。なんだか話し方や聞き方があまり丁寧ではない感じがあります。この時点で嫌な予感がチラリ。
問診の後はファイバースコープで鼻内部をチェック。そして先生曰く、「う~ん、あまり腫れていないね」との一声。
まぁ、そりゃ24時間365日完全に内部が腫れている訳ないでしょ。そういう時もあります・・・・・と思い普段はもう少し腫れて~と言おうとすると、「だから! 、今はあまり腫れてなくて通っているんでしょ!」とのお言葉。なんだ~、この人も人の話をあまり聞かないタイプか? 忙しい病院では人間コウナッテシマウノダロウカ? などと思いながらも、ここはおとなしくしていることにします。


そしてCTを撮ってからもう一度診察します。
CTをみると頭蓋骨内部の空洞、副鼻腔と呼ばれる部分に炎症・つまり物は見られないので再発はないとの診断。そして先ほどのファイバースコープでの結果から見ると、現状はそれ程腫れていないが、花粉症の時期でもあるのでとりあえず花粉症の薬を出しておくので、花粉の時期が過ぎたらもう一度診察して確認しましょうとの結論に。いづれにしろ手術は不要かな? との事。

その後は大先生から、「健全な人でも片方はつまっている」とか、「横向きで寝ている時は下側の鼻がつまりやすい」等々の説明をうけました。
まぁ、うがった見方をすると、「あんたはそんなに酷くないよ、勘違い鼻づまり野郎だよ」的な扱いにも感じましたが、そこは黙って聞き流しました。
結局、二度と行きませんでした。病院は良いのでしょうが、先生による差がかなりあると思います。まぁその方も色々面倒なだけで、合う人には名医なのかもしれませんネ。


もしこのブログを見てから初診に行く人がいたら、事前の鼻洗浄とか薬とかは飲まずに、息も出来ないくらいパンパンに腫らして、鼻水もドロドロに詰まらせた最悪の状態で行った方が良いとオモイマス。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

鹿児島 知覧&桜島 観光 後編 [旅行]

鹿児島旅行2日目。最終日です。

2日目は予定通り桜島観光。
事前に予約はしていませんでしたが、鹿児島市交通局の観光バス「桜島自然遊覧コース(桜島定期観光コース)」に乗ることが出来ました。当日のバス停で申し込んだので、バイガイドさんからはもし満席の場合は相席になるかも・・・との事でしたが、それほど混んでおらず大丈夫でした。ちなみに、とても美人のバスガイドさんでした。


バスは鹿児島中央駅から桜島フェリーに乗ります。
P2240023.JPG


フェリー内ではゆっくりくつろぎたい所ですが、距離が短いので直ぐに到着です。
P2240024.JPG

P2240026.JPG

P2240028.JPG


桜島港につくと、バスは湯之平展望所に向かって進みます。
バスガイドさんがバスの後ろは火山灰で粉塵が舞っていますよ~♪ と言っています。後ろを見ると、確かに舞っていました。
P2240029.JPG



湯之平展望所では活火山である事を思い知ります。
P2240038.JPG

P2240041.JPG

P2240043.JPG



次は黒神埋没鳥居です。
前回の大噴火の痕跡をあえて残しています。
P2240054.JPG

P2240058.JPG


大鳥居からバスに戻ろうとすると、桜島第一にゃんこ発見 ! !
P2240059.JPG


観光地特有の警戒心少なく人慣れしています。かといってご飯をねだるわけでもなく。心地いい距離感です。
P2240061.JPG



最後は有村溶岩展望所です。
P2240073.JPG
この辺も足元は火山灰だらけです。
バスガイドさんによると、ここら辺の方は朝方にザッーーと一雨来て火山灰を流し去ってくれる天気が希望との事。掃除が楽だからのようです。


この後、観光バスは桜島港から桜島フェリー経由で鹿児島中央駅に戻ります。しかし、私は桜島港で降りて、もう少し桜島を堪能します。

当初予定通り、桜島ビジターセンターへ向かいます。
P2240090.JPG


時間はちょうどお昼時。ここで昼食です。
P2240092.JPG


悩んだ結果、またとんかつに決定。昨日の「黒豚とんかつの感激よ。もう一度」の気持ちです。
しかし、まずは何は無くても冷ビ(ツメビ)。冷たいビールから入ります。
P2240094.JPG


その後、本命到着ゥゥー ! !
P2240096.JPG


美味しいですが、昨日の方が格上でした。
P2240097.JPG


満腹になった後は、国民宿舎の温泉で疲れを癒します。
その後、桜島フェリー乗り場→フェリー→鹿児島中央駅→鹿児島空港→羽田空港着とほぼ予定通りのスケジュール。

一泊二日の強行軍でしたが、それなりに楽しめたと思います。
以上で終了です。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

SHOW-YA 限界LOVERS [Other]

最近はよくYoutubeを見る事が多い。
新しいものも見るが、たまに懐かしい動画に出会うと、そこから芋づる式にリンクがあるのをついつい見てしまいます。

つい先日もSHOW-YAの限界LOVERSをみて、しばらくこの頃の動画を見まくっていました。寺田姉さん。相変わらず格好いいです。

【SHOW-YA 限界LOVERS】
ポップス&ロック 1989ライブ より



【SHOW-YA 私は嵐 1989-6】



【SHOW-YA 限界LOVERS (2005年「大復活祭」)】



【SHOW-YA - 限界LOVERS 2015】


まだまだ現役。「熟女なめんなよ」が良く似合います。良い感じで年をとっていますよね。年齢を重ねているというべきか。
また彼女たちは「紅」もカバーしていますが、本家意外だと一番な気がします。

【SHOW-YA - 紅】




他にも懐かしのGLORIA。
この頃の高校生バンドたちはみなカバーしていたと思います。
【ZIGGY「GLORIA」】



こちらもまだまだ現役。
流石に当時の声とはいかないが、それは問題ではない。
【ZIGGY - GLORIA】



懐かしのBARBEE BOYS。ツインボーカルですが女性の方が低音担当です。
【BARBEE BOYS 目を閉じておいでよ】




アン・ルイスを見ていると、格好良さとか魅力というのは、痩せている・スタイルが良いとかとは関係ないのだと思わされる。このほとばしるエネルギーがバブルだったのだろうか。
【アン・ルイス - あゝ無情-STUDIO LIVE 1986】



こちらは「DON'T YOU GO」ですね。
【アン・ルイス 六本木心中(LIVE+1986)】




こうやってたまにYoutubeを埋め込んだりしますが、たまに仕様変更で見れなくなるのが何とかならんものか。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

鹿児島 知覧&桜島 観光 前編 [旅行]

今年の春先、鹿児島に一泊二日で小旅行しました。その際の記録です。

去年は広島の原爆資料館に行きました。そのうち長崎もと考えていますが、今年は以前から行きたかった鹿児島の知覧へ行く事に。行先はもちろん知覧特攻平和会館です。
一泊二日ですが、知覧だけだと時間が余りそうだったので、近くの観光地も行ければ行く事を計画。いつものように、机上で計画を立案します。

【初日のプラン】
・07:10羽田空港発→09:10鹿児島空港着
・鹿児島空港→鹿児島中央駅 (約1時間)
・10:17中央駅発→バス→11:36知覧着→知覧特攻平和会館
・13:25知覧→バス→14:33砂むし会館→砂むし温泉
・指宿駅(17:26or17:52)→電車→鹿児島中央駅(18:41or19:02)
・19時頃、ホテル着(駅周辺のビジネスホテル予定)


【2日目のプラン】
・08:05鹿児島中央駅→観光バス→桜島→桜島観光→桜島フェリー乗り場で下車
・フェリー乗り場→徒歩→桜島ビジターセンターへ(13時頃予定)
・ビジターセンター→徒歩→国民宿舎の温泉(14時頃予定)
・桜島フェリー乗り場(16時頃)→フェリー→鹿児島中央駅(17時頃)→鹿児島空港(18時頃)
・19:40鹿児島空港発→21:15羽田空港着


ざっとこんな感じで考えてみました。

こうやって旅行をしていると、海外バックパッカーのような無計画にその日暮らしというような旅行は私には向いていない模様。1週間程度でもきっちり予定を決めている私がいます。

さて、初日の知覧は2時間程度を見込んでいますが、足りない場合はその後の砂むし温泉をバイパスするなどして時間調整する予定です。今回の旅はあくまでも知覧特攻平和会館に行く事がメインですから。涙で前が見えなくなり足が止まる事も十分予想されます。


今回、事前にネットで調べた箇所を備忘録として残します。

【知覧特攻平和会館】
http://www.chiran-tokkou.jp/about/heiwakaikan/index.html

【桜島を観光しよう! おすすめ観光スポット10選】
http://www.tabirai.net/sightseeing/feature/sakurajima-kanko.aspx

【桜島満喫コース】
http://www.kagoshima-kankou.com/course/51868/

【桜島フェリー のりば】
http://www.city.kagoshima.lg.jp/sakurajima-ferry/access/noriba-akusesu.html#ank03

【鹿児島市交通局 > 市電・市バスによる観光 > おすすめコース】
http://www.kotsu-city-kagoshima.jp/tourism/bus-tabi/#ank1

【砂むし温泉 砂楽】
http://sa-raku.sakura.ne.jp/



まずは予定通り、羽田空港(飛行機)→鹿児島空港(バス)→鹿児島中央駅へと向かいます。 ここから市バスにのって知覧に向かいます。

P2230002.JPG
バスはご覧のように普通のワンマンバス。知覧までは1時間以上かかります。人も少ないので後ろの席に座り、のんびりと進みます。


ちなみに、知覧特攻平和会館のバス停は「特攻観音入口」になります。しかしそれを良く調べていなかった私は、一つ手前の「知覧」で下車してしまいました( ^ω^)・・・。
まぁ、間違ったものはしょうがない。ひと駅だし歩くか・・・、という事で歩きました。バスの時刻表では4分程度ですが、延々と上りが続きますので30分以上かかったと思います。

途中で疲れた私は、「黒豚」と書かれていたとんかつ屋に入ります。せっかく鹿児島に来たのだから、黒豚も堪能すべきです。
P2230004.JPG


まずは何は無くてもビールです。
P2230005.JPG
普段、酒は飲まないのですが、こういった旅先では飲むようにしています。まぁほんの少しですが。


こちらが黒豚の定食です。
P2230006.JPG
ムムム・・・、これは・・・! 旨い・・・。美味しい・・・。
特に脂にうまみがあります。これが黒豚か。予想以上の旨さでした。
旅から帰った後、とんかつ屋に何件か行きましたが、これを超える味ではありませんでした。黒豚、良いですねぇ。


さて、何とか知覧特攻平和会館に到着します。
P2230007.JPG


近くの駐車場にはバスも多く来ていました。
P2230009.JPG


知覧特攻平和会館は皆さんの記事で深く書かれていますので特に書きませんが、私よりもはるかに若い方たちが片道切符で戦場に向かう気持ちは想像が及ばないところがあります。また、皆さんの顔が凛々しい。やはり時代が人を作るのだと思いました。



予定通り、13:25のバスに乗り、砂むし会館に向かいます。ここもまた1時間以上の長旅です。

予定通り砂むし会館に到着。
P2230010.JPG
中でタオルなどを受け取って、砂浜に向かいます。

ここが砂むし温泉。
このかやぶき? の下で砂に埋もれます。
P2230011.JPG


海岸の方を見ると、砂浜から湯気が出ているのが分かります。
P2230012.JPG

砂むし温泉では係の方に誘導されて砂の風呂?に入ります。バスタオルを引いたところに横たわり、上にバスタオルをかけて砂が盛られます。
最初は良いのですが、ものの数分で暑くなってきます。私はちょうど尾てい骨の部分が厚くてたまらず退散しました。ここにもう一枚タオル当てていればまだまだ粘れたと思うと少し残念。

この後は砂むし会館前からバスで指宿駅に向かい、電車で鹿児島中央駅(に戻ります。
P2230015.JPG

この日はビジネスホテルで一泊。
二日目は次回記します。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

函館市立 石崎小学校の思い出 [地域情報]

私は北海道函館市出身。
下海岸沿いの石崎小学校出身です。

歴史ある学校ですが、最近は子供も減りクラスに数人しかおらず複式学級の模様。閉校にならないか心配です。

年を取るとどんどん昔の事を忘れてしまいます。
その為、個人的な備忘録を兼ねて色々思い出を掘り起こしてみました。もし検索などで辿り着いた同窓生の方がいたら、しばし懐かしんでください。
ただ、30年以上昔の話と記憶なので、今とは違う部分あるかもしれません。

尚、ほとんどの方は興味ない話になりますので、見ない方が良いかもです。



【卒業式】
数十年前の話になりますが、当時の石崎小学校では卒業式の時、卒業生が入場する前に以下のように下級生が言葉を述べていました。以下のような呼びかけをします。
その後、卒業生入場です。

一人目 : 春、希望の春、喜びのの春
二人目 : 式場に満ちる春の光
全員 : 春の光
三人目 : 希望に胸を膨らませ
四人目 : 卒業生が入場してきます
五人目 : みんなで迎えましょう
全員 : 迎えましょう
先生 : 卒業生、入場
クラシック音楽がかかり、卒業生入場。音楽のタイトルは忘れてしまいました。鼻歌では歌えるんですが。


この後色々調べていたら、mixiに以下のコメントがありました。

函館市立石崎小学校コミュの自己紹介はここで♪
https://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=1366867&id=10801789

「そうそう、卒業式の「呼びかけ」あれが始まったのは自分が3年生の時の担任(上田先生って言う習字が上手な先生でした)が学芸会の時の出し物でやり、その年度の卒業生からやるようになったんです」

私もこの上田先生は憶えています。
そうだったのか・・・。先生発案でしたか。さすがは上田先生。厳しさとやさしさを兼ね備え、皆に好かれていた名教師でした。年を取って昔を美化しているだけかもしれませんが。




【校歌】
作詞 銀家元男
作曲 草川 信
1. あまねき 露の 恵うけ まなびの庭の鈴らんや 香りも高く健やかに 伸びゆく我等が楽しさよ
2. ふりて久しき海の里 津軽の海の荒波に 強く身と魂きたえつつ 伸びゆく 我等が楽しさよ
3. 渡島やまなみ神のごと 静かにませばその清き 動かぬ姿教にて 伸びゆく 我等が楽しさよ


以下のページに校歌の録音がありました。

○ようこそ銭亀沢中学校第14回生のHPへ○

http://wwwf.ncv.ne.jp/zenicyu/song2.html

懐かしい( ^ω^)・・・。これは永久保存版ですな。

石崎小学校の校歌は名曲だと思うのですよ。ワタクシは。
当時の銭中音楽教師の中川先生も、「石崎をばかにしちゃいかん。校歌の作詞作曲家は凄いんだ」とおっしゃっていました。
中川先生。いつも関取の「三上くんは~」と言っていた事を思い出します。
「三上君が、この魔王をすきだったんだよねぇ~」とかこんな感じです。


しかし、このホームページ。14回生とは西暦だといつなのだろうか。ホームページの雰囲気がインターネット黎明期の作りですし、大先輩の予感がしますが・・・。


探していたらYotubeにもありました。
ボーカロイドでは少し風情がありませんな・・・と言いたい所ですが、作ってくれた事にまずは感謝です。





【mixi 函館市立石崎小学校コミュの自己紹介はここで♪】
mixiにもコミュがあるようです。
mixiやったことないけど。

http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=1366867&id=10801789

懐かしいですな。みんな何してるんだろう。同級だけでなく当時の友達とも会いたいものです。帰省しても意外と逢わないんですよね。

こういった集まりはほかにもあるのだろうか。
色々皆さんとコミニュケーション取れる場が欲しいですね。




【函館新聞 2016年7月14日記事】
東部4地区も対象に 函館小・中再編 市教委が統廃合組み合わせ案
https://digital.hakoshin.jp/news/edu/9067

記事を見ると、「また、計画段階で再編対象に含まれていなかった学校も、児童生徒数の減少に合わせて再編対象に。市内唯一の小中併置校で校区外からも通学できる特認校の亀尾小中や東、石崎の両小が新たに対象となった」 と書かれています。普通に考えるとたぶん東が残りますよねぇ。
昔は、「古川町あたりまでは石崎小学校の範囲にすればいいのに」などと思っていたりしましたが、結局それでもだめそうですね。

キャプチャ.JPG



更に追加情報・・・・。

【市立小・中学校の再編】
https://www.city.hakodate.hokkaido.jp/docs/2014031700035/

記事を見ると・・・、

統合方針が決定しました。
東小学校・石崎小学校の統合について
(1)東小学校・石崎小学校の2校を1校にする。
(2)統合校の位置は東小学校とし,校舎は現東小学校を使用する。
(3)統合後の通学区域は,現在の東小学校と石崎小学校を合わせた通学区域とする。
(4)実施時期は,平成34年4月1日とする。



悲しいですが、これが現実か。約140年の歴史があるだけに残念。
廃校の時は是非連絡が欲しいですネ。みんなで集まりたいものです。


以上で終わりま~す。


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:地域
前の5件 | -