SSブログ
前の5件 | -

東南アジア周遊 その1-3 [海外旅行]

旅行6日目はチェンマイ観光。

特に下調べもしていませんでしたが、旧市街にある3大寺院なら徒歩で見れる距離なのでそこへ行く事にします。


旧市街は昔城壁に囲まれており、四方には昔の門が残っています。今回はホテルから近いターペー門から入りました。
PB140154.JPG

PB140155.JPG



旧市街に入って、まずは一番近いワット・プラシンへ向かいます。
少し前の話なので、写真があっているか少し不安ですが、写真の時刻からしてたぶんあっていると思います。
PB140160.JPG

PB140161.JPG

PB140164.JPG

観光客含め人はそれなりにいますが、混んでいるというほどではありませんでした。


続けて、ワット・チェディ・ルアン。
昔はさぞかし素晴らしい寺院だったと思わせます。
PB140168.JPG

PB140169.JPG

PB140171.JPG

PB140179.JPG



最後はワット・チェンマン。

PB140180.JPG

PB140186.JPG


見終わると大体15時頃。一旦ホテルに帰って休憩。その後18時頃にナイトマーケット散策に行きました。カメラは持っていかず写真はスマホで撮ったので、ここでは割愛します。


7日目はホテルのチェックアウト時にスーツケースを預けて、軽く市内散策&マッサージを堪能。15時過ぎにトュクトュクでチェンマイ駅へ。

この日は18時発の寝台列車でチェンマイ→バンコクの予定です。日本の寝台列車はほぼ死滅状態。久々の寝台列車にわくわくします。

タイの国鉄は予約可能です。特に寝台列車は観光客に人気で直近では売り切れになるようです。その為、3か月程度前から予約をお勧めします。
時刻表に関しては以下のサイトが参考になります。
タイ国鉄時刻表
https://t.tabitabi-asia.com/thai/index_thai.php


予約は個人でも可能です。ネットで調べると多く出てきます。ただめんどくさがりの私としては少し手数料を払ってでも簡単な12GoASIAによる予約をお勧めします。
今回の場合は、事前に12GoASIA経由で予約。当日にチェンマイ駅近くのホテルでチケットを交換する方法でした。


チェンマイ駅に到着すると、目の前にBOSSOTELという指定されたホテルがすぐに見つかりました。
PB150189.JPG

PB150190.JPG
一階のロビー?に寄り、12GoASIAのチケット交換場所はここですか?と片言の英語・・・、というよりも単語を並べて質問すると、どうやらここの模様。事前に印刷しておいたメールを見せるとチケットを渡してくれました。
事前に色々調べましたが、案ずるよりなんとかでした。


チェンマイ→バンコク行きの寝台列車は17時発と18時発があります。
18時の方が新しい車両です。中国製だったでしょうか。
PB150193.JPG



PB150196.JPG

PB150197.JPG
どうやら駅のトイレは有料のようです。


出発までまだ時間あったので、駅にて遅い昼食にします。
PB150202.JPG



16時30分頃には17時も18時の列車も到着していました。左が17時出発の列車です。こうやって見ているとやはり観光客が多いです。18時の列車も8割方外国の方だったと思います。
PB150206.JPG


これが先頭車両です。新しい車両はこの先頭車の動力で走るようです。17時発の古いタイプは客車にも動力あるようでした。
IMG00245_HDR.jpg



17:30頃から人が乗り始めたため、私も空気を読んで乗り込みます。
IMG00299.jpg

IMG00303_HDR.jpg

IMG00304.jpg

IMG00306.jpg
座席はこんな感じです。発車して係の人がベットメイクするまでは、上段の方と向かい合わせに座ります。今回の相方はタイの若者でした。
座席番号の写真にあるように、どちらが下段の席か上段の人の席かは番号の所に書かれています。またコンセントも上下段と座席両方にあります。


スーツケースなどの荷物は座席下に収納できます。欧米人のかなり大きいスーツケースも収納できました。高さ何センチあるか図ってくればよかったです。ちなみにこのスーツケースは隣の方のモノです。
IMG00255.jpg


この時はまだ少ないですが、最終的に満席になりました。
IMG00307_HDR.jpg



発車まで少し時間あったので、車内を散策します。
トイレは奇麗です。
IMG00230.jpg

洗浄用シャワーもついています。ウォシュレットが無くてもこれなら何とか戦えそうです。少し狭いのが難ですが。
IMG00231.jpg



食堂車はこんな感じ。
まだ開始前で準備していました。時間は17:30~22:00のようです。
IMG00253.jpg

IMG00282_HDR.jpg


列車は予定通り18時に出発。タイの国鉄は乗る前の改札は無いようです。極端な話、切符なくても発車前に写真撮るだけならささっと紛れて撮れるような気がします。
出発後チケットの確認は18:20頃に来ました、
係員がチケットを確認後、昔の国鉄のようにチケットに穴開けしていました。そして穴をあけられた部分はゴミとなって通路に落ちます( ^ω^)・・・。面白いのは、すぐ後ろから係員が箒をもって清掃し続いていた事です。



19時過ぎくらいになると、通路で係の人が歩きながら何やら連絡しています。どうやら「声を掛けてくれればベットメイクしますよ~」と言っているようです。相方のタイ若者が、「眠りますか?」みたいに聞いてきましたが、まだ雰囲気を味わいたいのでここはそのままにしました。係の人は20分おきくらいに回りながら声掛けをしていました。


そして20時頃、若者が「そろそろベッドにしましょう(意訳)」と言ってきたのでOKというと、若者が係の人に話をしてベットメイク開始です。
こんな感じです。
IMG00324_HDR.jpg


実はこの車両では我々が最初のベットメイクでした。
作業が始まるとみんなざわつき始め「もしかしてベットメイクか?」みたいな感じで、周りの外国人たちも興味津々です。なぜだか私も少し誇らしく感じてしまいました。
皆さん近くによって見学したり写真を撮り始めたり、「次は私たちもお願いします」状態になり、すぐにベットメイク可能なように整理整頓したりというように車両内は一斉にベットメイク&就寝モードに入っていきました。係員さんも2名でテキパキとこなしていました。


ベットメイク完了後はこんな感じです。
下段の方は普通に座っても頭は上につきません。
IMG00219.jpg


22時頃にはもう皆さん就寝モードです。
IMG00254.jpg


私は21時頃? の遅くに食堂車に行ってみました。
お客は数人で席は空いていました。係員の方々も休憩している状態。ただ、私を見ると「食事ですか?」みたいに聞くのでそのまま食事にします。
ちなみにこの18時発の新車両では車内調理はしておらず、電子レンジなどで温めるだけの提供のようです。
IMG00223.jpg

こうして食堂車も満喫した後は、眠気に逆らわずご就寝となりました。

翌日は06:50バンコク到着予定。
6時過ぎくらいから、係の方がベットを戻しに来ます。そしてバンコク手前のドンムアン?駅で外国人の半分くらいは降りていきました。おそらくドンムアン空港から帰ったり次の旅に向かうのだと思われます。これで車内は半分くらいの人数になってしまいました。相方のタイ若者もここで下車していきました。

この後・・・、のこり10分程度の距離がなかなか進まず1時間遅れくらいで到着しました。バンコクの電車は遅れる事が多いらしいので、時間にはゆとりをもって行動した方がよさそうです。


バンコクへ戻った最終日は有馬温泉でマッサージと耳かきで時間をつぶし、少し早めに空港に行きラウンジでまったり。
帰りの飛行機はベトナム航空ダナン乗り継ぎ成田行きです。


ダナンでは乗り換えが数時間あったため、プライオリティパスで入れるラウンジへ行く事に。受付のお姉さんが困ったような顔で、「MAX利用3時間までになりますがよろしいですか?(意訳)」との事。もちろんOKと答えて中へ入ります。
時間的なためか・・・私以外は一人しか利用者がいませんでした。
IMG00265.jpg

IMG00269.jpg
食事はまぁまぁ。プライオリティパスの一般的な感じかと思います。それでもご当地の温かいものや飲み物も無料。座れて飛行機を待てるのですからいい御身分です。ついに私も上級国民になってしまったかと思えるほどです。

昨日は寝台列車で朝のシャワーが浴びれなかったので、ここでシャワーも借りました。荷物はスーツケースで機内に預けているかもしれませんが、ここでシャワーを考えている方は着替え用の下着を持ってきた方が良いかと思います。やはりシャワーはさっぱり出来て良いですね。

この後はベトナム航空で成田へ帰りました。疲れていたのか離陸と同時に睡魔に襲われ爆睡。着陸の衝撃で目が覚めました。おかげさまで空港からの帰り道は眠気も無く絶好調でした。



という事で、東南アジア周遊第一弾は終了です。このまま予定通り分割して周遊できるのかは不明ですが、ベトナムなどもまだ行っていませんし色々計画はしたいと思っています。
また機会があれば書いてみますね。
以上で終了です。

nice!(1)  コメント(0) 

東南アジア周遊 その1-2 [海外旅行]

旅行3日目はスコータイ観光。

スコータイ遺跡があるのは旧市街と言われるところで、今回宿泊している新市街とは車で30分程度離れています。その為、移動にはソンテウに乗るのが一般的です。
今回泊まっているPai Sukhothai Resortからバス停は数分です。

ソンテウに関しては他の方々の記事を見れば詳しく書かれています。決められたバス停ではなくても、それらしいソンテウが来たら手をあげれば泊まって乗せてくれます。

スコータイ遺跡前につくと、通りの向こうからレンタルサイクル屋のおばさんが声をあげて呼び込みされます。遺跡はそこそこ広いですし、何よりも暑いので自転車が良いかと思います。バイクも借りられるようですが、よほど遠くに行く場合でない限り不要かと思います。
PB110050.JPG


自転車屋ではこのようなミニマップを渡されて、モデルルートを教えてくれます。
PB110051.JPG


遺跡は塀の中と外にも点在しています。
まずは塀の中を順番に見ます。
PB110052.JPG

PB110053.JPG

PB110054.JPG

PB110057.JPG

PB110077.JPG

PB110098.JPG

ラームカムヘーン王の像まで見たところで昼になったので、一旦食事にします。バス停近くにはお店が沢山あります。何件か入りましたが、まぁ中も食事もみな似たような感じでした。


食事後は塀の外の遺跡を観光します。
PB110102.JPG

PB110106.JPG


夕方にはバスにてホテルに戻ります。なお、自分がどこで乗ったのか、目印になるような建物を覚えておいた方が良いです。


スコータイは翌日も遺跡を観光しました。ただ今回のような弾丸で必要最低限の遺跡だけ見るような場合は、1日だけでもなんとかなる気がしました。遠くの遺跡も見る場合は2~3日必要です。

また、新市街の夕方~夜は電線にムクドリのような小鳥が密集しており、電線下の糞害が深刻です。つまりちょうど歩道の上付近です。まさに糞害で憤慨。地元の人は慣れっこなのか・・・、あまり気にしているそぶりはありません。夕食で外に出る際は十分ご注意ください。ウェットティッシュをもっていった方が良いです。


旅の5日目はスコータイからチェンマイへバス移動。
まずはトゥクトゥクでバスターミナルに向かいます。
PB130137.JPG
バスターミナルにつくと、係の人が声を掛けてくれます。「チェンマイ」と言えばどこの窓口か教えてくれます。ちなみに1番の窓口でした。


ちょうど時間的に9:30出発のバスのチケットをとれました。
PB130136.JPG


これはバスターミナル内にあった時刻表です。
PB130142.JPG


ターミナルは屋外でこんな感じです。
コンビニは無いですが、飲み物などを買える売店もありました。
PB130145.JPG



このスコータイ→チェンマイ行きのバス。途中で乗り降りありますが、ほぼ満員でした。
しかも欧米系の外国人は椅子の番号無視で座っているようで開いている席に色々移動が頻繁でした。私の場所もカップルが座っておりました。「どけぃ、吾輩の席であるぞ!」とは言えず仕方なくその後ろへ。しかしそうなると、この混み具合からしてこの後この席に座るべき人が来るのは確実です。なんだかリラックスして休めません。予想通りこの後地元の若者が来ましたが、私のチケット番号を見ると瞬時に状況を理解したのか、「OK、OK」といい隣の空いていた席に座りました。
結局席の数以上の人は乗らないので、必ず空いている席があります。その為、途中で乗り降りする地元の人々は慣れた感じで空いている席を見つけて座る感じになっていました。


チェンマイのバスターミナルからはトゥクトゥクで市街へ移動です。
小さなホテルだと名前を言っても場所がわからない事もあるので、ナイトマーケットとか近くのランドマークを言えば連れて行ってくれます。


この日泊まったホテルは、Dusit Princess Chiang Maiです。
朝のバイキングに惹かれて予約しました。ただ、正直言ってランクが高すぎたかと反省。バイキングにこだわらなければ、もっとコスパいい宿がありました。ただ、ナイトマーケットはすぐ近くなのでそれはいい立地でした。

PB130150.JPG

PB130149.JPG



本日はここまでにします。
nice!(2)  コメント(0) 

東南アジア周遊 その1-1 [海外旅行]

タイトルのようにバックパッカーのように東南アジアをぐるっと一周してみたい。最近そう思っています。
しかし、サラリーマンの身では精々一週間程度しか休みが取れないのが実情です。その為、何回かに分けていこうかと思い始めました。その分予算と時間はかかりますが。

どうなる事か分かりませんが、まず手始めにタイのバンコクから北上しスコータイ経由チェンマイまで行く事にしました。

今回の予定は以下の通りです。
1日目 成田→バンコク
2日目 バンコク→スコータイ(バス)
3日目 スコータイ観光
4日目 スコータイ観光
5日目 スコータイ→チェンマイ(バス)
6日目 チェンマイ観光
7日目 チェンマイ→バンコク(寝台列車)
8日目 バンコク→成田

チェンマイから片道切符で成田とかも検討しましたが、片道だとすごく高くなるんですよね。という事で、今回はバンコク往復で3万円台のバリュープライスを提示してくれた、いつものベトナム航空で往復することにしました。


ベトナム航空という事で、ハノイ乗り換えです。
数時間時間が空きますが、ラウンジがあるので無問題。むしろ休憩出来て直行よりもこっちの予定の方が最近好ましく感じます。
PB090003.JPG

1日目はG9 バンコク ホテルに宿泊。ビジネスホテル見たい所です。
次の日の朝、北バスターミナルという所からスコータイ行きのバスに乗る予定です。その為、なるべくその近くのホテルを検討した結果、BTS モーチット近くにあるこのホテルに決めました。

以下の記事を参考にしています。
https://runbkk.net/g9-bangkok-hotel/ (BTS モーチット近くのおすすめホテル)
https://runbkk.net/mo-chit-mai/ (北バスターミナル(モーチット)の行き方)


翌日は歩いて北バスターミナルへ向かいました。しかしこれは失敗。上のリンクに書かれているように、タクシーを検討すべき。短く見えますが1時間ほど歩きます。今回はそれほど長距離歩かない見込みでスーツケースにしていたのが間違いでした。せめてバックパックです。次回からは手荷物極力減らしてバックパックにすることを決意しました。

そうこうしているうちにバスターミナル到着。グーグルマップ様のお陰です。
PB100014.JPG

PB100015.JPG

チケット売り場はたくさんあります。バス会社も複数あったりしますし、事前にネットで調べておいた方が良いかもしれません。

この付近をうろうろしていると、おじさんが「どこに行くのか?」みたいな感じで声を掛けてきて来たので、「スコータイ」というと何番の売り場か教えてくれました。

無事チケットを購入。二等席のバスのようでしたが、出発のタイミングもありますし実際一等席のバスともあまり変わらないようなので、まあこれで良しとします。
この日は朝早くの出発で朝食がまだのため、ターミナルに入り朝食を買います。
PB100018.JPG
こちらのコンビニは電子レンジ系の食事が充実していますね。とくにこのソーセージはこの旅で相当お世話になりました。

ターミナル内をうろうろしていると、こんな感じでバス停の番号が貼ってあります。わからなければ聞けば直ぐです。何人も旅行者の方が聞いていました。
PB100019.JPG

PB100021.JPG


これがチケットです。
44番のバス停から09時出発。座席は8Dのようです。
PB100026.JPG



バスに乗る時にチケットを見せると、「好きなところに座れ」みたいに言われます。どうやらこのバスは少しの移動だけで、この後にスコータイ行きのバスがある模様。
予想通り10分程度移動したところで乗り換えになりました。何のためのバスターミナルなんだ???と思わなくもないですが、色々理由があるのでしょう。あまり気にしないことにします。

スコータイまでは6時間程度だったでしょうか。夕方にはスコータイのバスターミナルに到着します。市街から離れているのでトュクトュクやソンテウに乗る必要があります。バスから降りると取りまとめおじさんが声を掛けてきますので、ホテル名を告げるといくらになるか教えてくれますのでOKなら乗り込みます。市街地とバスターミナルの価格は決まっているようです。そのまま素直に支払います。


旅行2日目スコータイの宿は、Pai Sukhothai Resortです。
ホテル風の建物とコテージ的な建物があります。ホテルの方がとても気さくな感じで好感が持てました。また来たいですネ。
ただ、夜は外ヤモリが多いです。壁に張り付いて明かりに寄ってくる虫を待っているようです。ただ、それはつまりそれほど自然が豊かで身近という事です。さすがに部屋には出ませんので安心ください。
PB100027.JPG

PB100028.JPG

PB100029.JPG



スコータイ遺跡観光は次回に書く事にします。
nice!(0)  コメント(1) 

D×2 真・女神転生リベレーション [女神転生]

去年頃からタイトルにあるD2女神転生をプレイしています。
スマホのゲームです。

キャプチャ.JPG

ず~っと無課金でプレイしていましたが、今年の正月の長期連休でさすがに時間が余ってしまい、初めて課金しました。でも無課金でもそれなりにプレイできます。
課金は所詮時間短縮というか時間がない人用の物かと。コツコツやっていればそれなりにモノはそろってきます。ただ、欲しい欲しい病にかかるような人は無課金だと無理ですが。

わたしはほとんどスマホゲームをしませんが、現状はいわゆるガチャゲーかと。メガテン本来の悪魔合体とか考えさせるシナリオなどはあまり深堀されていないと思います。これからに期待か( ^ω^)・・・。

まぁこちらはセガに任せておいて、本編の開発を進めてほしいというのがいち古参の望みです。
nice!(0)  コメント(0) 

ラオス ルアンパバーン観光 [海外旅行]

去年、ラオスのルアンバパーンへ旅行に行ってきました。
その時のお話です。

時期は7月。
飛行機はLCCではなく、低価格フルサービスキャリアの雄、ベトナム航空の乗り継ぎでルアンパバーンへ。
P7120002.JPG

ベトナム航空の乗り継ぎによく使われるハノイやホーチミンはプライオリティパスで入れるラウンジがあるので、待ち時間も苦になりません。というか、私は6時間程度乗っていると疲れてくるので、乗り継ぎの方が嬉しかったりします。価格も安いですし。

P7120003.JPG


ハノイから飛び立つ頃は、少し暗くなっていました。
P7120005.JPG



空港の出口には乗り合いタクシーがあります。
ただ、到着時間によっては両替所が閉まっているかもしれないとの情報が。私は20時頃の到着でしたが案の定両替所は閉まっていました。
その場合は、一旦空港を出てすぐ左右にATMがあります。そこで少しおろしましょう。しかしネットなどの情報では海外でのATM利用はカード飲み込まれ事件などもあるようなので、可能ならば少しだけでも両替しておいた方が無難かと思います。


ルアンパバーンの宿はロータス ヴィラ。この辺の伝統的な雰囲気の宿でした。不満なのは室内の照明が暗いことくらい。
この日はそのまま就寝。


2日目の朝はロータス ヴィラで朝食をいただきます。
この日はカオソーイを食べました。
ルアンパバーン滞在中ここ以外にもカオソーイ食べましたが、私はここがNo.1の味でした。まぁ有名どころに入っていませんケド。
P7130006.JPG

P7130007.JPG

P7130008.JPG





この日は有名な寺院を散策。宿の自転車を借りて動きます。小さな町なのでこれで十分です。

町を歩いていると、第一ルアンパ猫発見。
すかさずナデナデします。
P7130009.JPG

P7130010.JPG

P7130013.JPG




少しですが、お寺の写真。
P7130025.JPG

P7130023.JPG

P7130034.JPG

P7130037.JPG

P7130040.JPG




お昼はもち米とソーセージ。
ソーセージもさることながら、もち米がデリシャス ! ! !
感動しました。
地球の歩き方にも、もち米の事が書かれています。食べるまではかるく読み流していましたが、記事に書かれているのも納得です。
P7130042.JPG




翌日は早起きして托鉢を見ます。
ちょうど宿泊していたロータス ヴィラの前の通りも托鉢が通る道でした。
P7140049.JPG

P7140064.JPG

P7140087.JPG

P7140109.JPG



托鉢を見た後は、朝ごはんへ。
ここには色々な喫茶店が多く、おすすめです。
この日はJoma cafeへ行ってみました。

P7140114.JPG

P7140118.JPG



近くの川には橋もあります。
P7140112.JPG

P7140121.JPG



昼間は少し離れたクアンシーの滝へ。私は一人だったので、旅行会社などのバスではなく、その辺のトゥクトゥクでいきました。少し割高ですが。
到着後は帰りの待ち合わせ時間を決めて、滝に向かいます。
P7140125.JPG


滝では欧米の方が多く泳いでいます。
P7140126.JPG

P7140138.JPG

P7140168.JPG

P7140180.JPG

私は頑張って滝の上まで登りましたが、特に見晴らしが良いとかは無かったので、無理しなくても良いかと思います。



滝から帰ったら、プーシーの丘へ向かいます。
夕方は混むようですが、まだ15時ころだったので、人はあまりいませんでした。
P7140182.JPG

P7140185.JPG

P7140188.JPG



こちらは博物館の中にある建物です。これも寺院かと思われます。
P7140190.JPG




ラオスやタイなどの暑い国では、このようなシェーキが美味しいです。
私はオレンジシェーキをよく飲みました。
P7140200.JPG



ナイトマーケットにも行ったのですが、写真を撮り忘れました。
こちらの写真は朝市のものです。
P7150205.JPG

P7150206.JPG




最終日の飛行機はルアンパバーン空港を夕方出発。時間があるので色々と有名な、「気づくと何時間も過ぎている! 人をダメにするカフェUtopia(ユートピア)」に行ってみました。
P7150209.JPG

P7150210.JPG

こんな感じで寝そべったりできます。
ただオープンなカフェの性質上、潔癖症の方にはつらいかも。
念のために蚊対策をして数時間寝そべって過ごしました。
P7150212.JPG

P7150213.JPG
定番? のフィッシュアンドチップスです。



空港の制限エリア内。
P7150228.JPG


マッサージもあるので、時間もつぶせます。
P7150229.JPG


欧米の方は、スーツケースではなくバックパックの比率が高かったです。
若い女の子が70~80リットルはあろうかという大型のバックをひょいと担いで歩く姿は凄いです。骨格の違いもあるのか。

この方のバックパックには国旗が貼ってありました。私もこんな風にしてみたい( ^ω^)・・・。
P7150224.JPG



ルアンパバーン観光記。簡単ですが以上です。
nice!(0)  コメント(2) 
前の5件 | -