So-net無料ブログ作成

タンチョウ撮影と流氷鑑賞2019 [旅行]

去年のこの時期にはタンチョウ撮影に行きました。
ちなみにその時の記事はこちら。

実は去年その旅行検討をしている時、流氷も見ておきたいと思っていました。流氷は温暖化の影響なのか、昔よりも接岸する期間が短くなっています。見るなら今のうちかと思っていました。

流氷を見るなら紋別のガリンコ号か、網走の流氷観光砕氷船おーろらのどちらかになります。両方行ければよいのですが、網走⇔紋別間の直接移動手段はバスのようです。その為、少し手間と時間がかかります。今回は2日間の予定だったので、紋別は諦めて網走のおーろらに乗る事にしました。

こちらの方が大きい船という事もあり、多少なら湾外に流氷が離れていても追いかけていく事が可能であり、見れる確率も高いと思ったためです。
ただ、ガリンコ号の方がその名のようにスクリューで流氷を砕いてガリガリ進むため、迫力はあると思います。2月頃に流氷の状況を確認し、ガリンコ号問題無しと判断すれば、急きょ観光に行くとかでもよい気がします。という考えで今回は網走を選択しました。

せっかくなので、前回も行ったタンチョウ撮影も組み込む旅程を組んでみました。
あくまでも机上で考えたプランです。これを元に旅行してみますが、どうなったかは後で検証してみたいと思います。


【初日のプラン】
・07:45 羽田空港→飛行機→09:20 釧路空港
・10:00 釧路空港→バス→10:17 丹頂の里
・10:30 阿寒国際ツルセンターにてタンチョウ撮影。
・13:00 赤いベレーで昼食、温泉入浴
・15:02 丹頂の里→バス→16:00 阿寒湖温泉ホテル着
・19:30~20:30 阿寒湖氷上フェスティバル

【2日目のプラン】
・08:00 阿寒湖温泉→バス→12:00 網走 おーろらターミナル(要予約)
 ※途中で摩周湖第一展望台と硫黄山に立ち寄り
・14:00 流氷観光砕氷船おーろら乗船。約1時間
・17:45 網走バスターミナル→バス→18:20 女満別空港
・19:00 女満別空港→飛行機→20:55 羽田空港

当初はタンチョウは早々に切り上げて阿寒湖観光も考えました。ただ、夏と冬に出来る事を見比べると、どちらかというと阿寒湖は夏にもう一度再訪すべきとの結論になりました。これは夏の知床・釧路湿原なとの旅と組み合わせるのがベストと判断したためです。という事で、今回も冬しか見れないタンチョウ(夏にも少しいますけど)も欲張って見る旅を計画。
冬の阿寒湖はまた計画することにします。



事前にネットで調べた箇所を備忘録として残します。

【阿寒線 釧路⇔丹頂の里⇔阿寒湖温泉】
http://www.akanbus.co.jp/localbu/akan.htm

【阿寒湖氷上フェスティバル ICE・愛す・阿寒『冬華美』】
http://ja.kushiro-lakeakan.com/things_to_do/1855/

【ひがし北海道エクスプレスバス】
https://easthokkaido.com/expressbus_winter/

【網走市案内図】
http://online.fliphtml5.com/okic/ziwa/#p=1

【網走オホーツク流氷祭り】
https://www.abakanko.jp/ryuhyomatsuri/

【網走⇔女満別空港バス】
http://www.abashiribus.com/memanbetsu/




前置きが長くなりましたが、旅行内容に入ります。
なお、前回の記事と被る部分は割愛します。

出発日は2/8(金)、最強の大寒波が北海道を襲うとニュースになった日です。当日は晴れの予報でしたが、空港に着いてみると強風の為天候調査が入っていました。結局条件付き飛行で出発しましたが、無事釧路空港に到着。

前回記事のように阿寒バスのチケットを購入。今回の行先は阿寒湖までです。バスに乗る時運転手にチケットを見せて、「ツルセンターで一回降りて、後でまた乗ります」と言えばOKです。

P2080304.JPG

チケットは降りる時はそのまま持っておき、再乗車の時にチケットを見せて乗ればOKです。なお、その際どこのホテルに泊まっているか聞かれると思います。(どこで降ろせばいいのかの確認の為)



まずはツルセンターで降車し、まっすぐ阿寒国際ツルセンターに向かいます。
P2080307.JPG

金曜日という事もあり、去年より人は少ないです。
タンチョウは2箇所に分散していましたが、数としては去年と同じくらいでしょうか。100羽程度?
ただ、分散していた為、逆にお互いの場所を行き来したりして飛ぶ姿を多く撮影できました。


さっそく10:30頃から撮影開始。ちなみに今回のテーマは「飛翔」。タンチョウが飛んでいる姿を激写します。でも凄く難しい( ^ω^)・・・。

手当たり次第に撮影したので、バンバン貼り付けます。

P2080308.JPG

P2080310.JPG

P2080313.JPG

P2080356.JPG

P2080365.JPG

P2080372.JPG

P2080389.JPG

P2080395.JPG

P2080424.JPG

P2080427.JPG

P2080452.JPG

P2080455.JPG



1時間ほど撮影すると手がしびれます。そう、この日は最強大寒波の日ですから。
朝飯を食べていなかったので、休憩所にてしょうゆラーメンを食べました。
P2080471.JPG
美味い・・・。
環境が味を変えます。
少し休憩して、撮影を再開します。


P2080493.JPG

P2080495.JPG

P2080510.JPG

P2080591.JPG

P2080656.JPG



最強大寒波の中頑張りましたが、12:30頃には退散しました。
その後は赤いベレーでまたビール&ザンギ定食→温泉のコンボ。
P2080666.JPG


15時にはまたバスに乗り阿寒湖へ向かいます。なお、バスは降りた箇所のバス停で待っていれば来ます。道路事情で時間が遅れたり、他の似たような観光バスが来たりしますが、黙ってバス停で待機していればOK。なお、乗り遅れが無いように5分程度前から待機していた方が良いと思います。



16時過ぎに阿寒湖到着。
今回の宿は、あかん遊久の里鶴雅です。

20時頃から湖畔で花火が上がる為、お風呂と夕食バイキングを早めに済ませて外出します。
湖畔に行くと、-20℃との表示( ^ω^)・・・。
P2080685.JPG


花火は5分?程度上がりました。花火モードで撮影してみます。
良く知りませんが、露光が少し長くなるのかな。
ただ、シャッターのタイミングが難しいですね。
P2080670.JPG

P2080677.JPG

P2080680.JPG



花火の後は、阿寒湖アイヌシアターへ向かいます。
20:45からアイヌ古式舞踊が見られます。
P2080686.JPG

P2080688.JPG

夏場は火祭りが見られるそうです。
20年くらい前にも、会社の人たちとこの時期に行ったことがあります。
その時は冬でも火祭りしていた記憶があるのですが、変わったようです。


こんな感じで1日目は終了。
事前に計画した内容とほぼ同じ行程で行けました。最後のアイヌ古式舞踊が追加になったくらいでしょうか。ロスタイムも少なく休みもそれなりに取れて、十分な内容かと思います。

・07:45 羽田空港→飛行機→09:20 釧路空港
・10:00 釧路空港→バス→10:17 丹頂の里
・10:30 阿寒国際ツルセンターにてタンチョウ撮影。
・13:00 赤いベレーで昼食、温泉入浴
・15:02 丹頂の里→バス→16:00 阿寒湖温泉ホテル着
・19:30~20:30 阿寒湖氷上フェスティバル
・20:45 阿寒湖アイヌシアター ←追加部分


一旦ここで区切ります。
nice!(3)  コメント(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。